『ワイデックス ロイヤルパートナーズ・コンベンション2020』をワイデックス日本法人が開催

01-11-2020

『ワイデックス ロイヤルパートナーズ・コンベンション2020』は、厳重な感染予防対策のもと、リモートも含めた補聴器取扱店が参加し、東京と大阪の2か所で開催されました。発売から数カ月が経過した新製品モーメントに対する市場からの反響やユーザーの声の紹介、コロナ禍での補聴器販売の現状や今後の展望についての活発な意見交換が行われました。さらにモーメントユーザーでもある直木賞作家の山本一力氏の実体験を交えた講演には、参加者の多くが熱心に耳を傾けました。

デンマーク発祥の補聴器専門ブランドの日本法人であるワイデックス株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役:塩野紀子、以下ワイデックス)は、10月21日に東京で、27日に大阪で、補聴器取扱店を招いて『ワイデックス ロイヤルパートナーズ・コンベンション2020』を開催しました。このコンベンションでは、講演会の同時映像配信や、会場とリモート参加者とのディスカッションなど、コロナ禍において三密を避けるための新たな試みを数多く取り入れました。

 

▼ワイデックスコーポレートサイト:http://japan.widex.com/

WIDEX MOMENT(ワイデックス モーメント):

https://japan.widex.com/ja-jp/hearing-aids/moment

 

 

リアルとリモートを組み合わせたハイブリッド型。コロナ禍での新しい試み

コンベンションは感染予防対策を徹底したうえで、東京は東京會館、大阪はホテルインターコンチネンタル大阪で、参加店舗を制限して開催されました。コロナの影響で会場での参加が難しいお店とはリモートで接続、リアルタイムでの製品説明や質疑応答をはじめ、意見交換会でも会場参加者と積極的なディスカッションが行われました。

また、山本一力氏の特別講演もリアルタイムで配信、リモートでの参加でも会場の熱気を十分に体験できるものとなりました。

参加者を一同に集めての開催が困難な状況下、今回のようなリアルな会場とリモート参加を組み合わせたスタイルはセミナーの新しい可能性を提示しました。

コンベンションの模様


■コロナ時代の補聴器ビジネス

今回のコンベンションのテーマの一つが、「コロナ時代の補聴器ビジネス」。店舗での接客、販売、アフターサービスを基本とする補聴器ビジネスにとって、新型コロナ感染拡大による影響は少なくありません。補聴器店に対して行ったアンケートでも、来店客数や販売台数の減少などの問題が起きています。しかし、補聴器はユーザーにとって無くてはならない必需品であり、いかなる状況下であっても変わらないサービスの提供が求められています。従来と同じような活動が困難な中で、補聴器店では接客時の感染防止対策の徹底などに努めながら、より顧客満足度の高いサービスを模索しています。今回のコンベンションでは、会場参加者とリモート参加者が一緒になって、日頃感じている問題点やコロナ禍でのサービスの在り方、今後の新しい試みなどについて、活発な意見交換を行いました。メーカーからの情報発信だけでなく、補聴器ビジネスに携わる共同体としてメーカーと多くの補聴器店が、直面する困難な課題に対してディスカッションを行う従来になかったこの試みは、参加者からも非常に大きな反響がありました。

リモート参加者を交えた意見交換会


ユーザー山本一力氏が発信する補聴器の素晴らしさ

さらに今回のコンベンションのハイライトが、直木賞作家である山本一力氏の特別講演会。ワイデックスモーメントのユーザーでもある山本氏が、サラリーマン時代から作家デビュー、直木賞作家としての現在に至るまでの話に交えて、補聴器との関わりについて語りました。

「聞こえには感動を呼び起こす力がある。補聴器はその力を助ける素晴らしいツールです」と語る山本氏は、毎日の欠かせないツールとして補聴器を自在に使いこなしています。補聴器のある生活に大満足しているという山本氏がコンベンションの参加者に託したメッセージは、「補聴器販売に携わる人は、自分は幸福を売っているのだと思って欲しい。補聴器は単なる器械ではなく、使う人に豊かな生活と幸せをもたらす素晴らしいツール。だから、自信を持ってより多くの人に幸福を届けてください」というもの。

補聴器と豊かな生活を楽しんでいるユーザーの代表である山本氏からの熱いエールを受けた参加者は、補聴器販売という仕事に対する誇りと大切さを改めて実感していました。

ワイデックスは、コロナ禍という困難な状況でも、補聴器店との強固なパートナーシップで、より良い補聴器の普及とより質の高いユーザーサービスに努めていきます。

山本一力氏講演会

 

■福祉の国、デンマークで磨かれた音を愉しむライフスタイルをあなたに

ワイデックスは、1956年にデンマークで設立。現在では、世界を代表する補聴器ブランドのひとつに数えられています。ワイデックスの補聴器は、世界で100を超える国のユーザーに愛用されています。

 

国民の幸福度が高く、福祉国家として知られるデンマークは、補聴器が広く普及し、多くの人が比較的若いうちから補聴器を愛用して生き生きとした暮らしを謳歌しています。デンマークで生まれて60年余り。ワイデックスは、補聴器に数々の技術革新を起こし、支持されてきました。そこには、「音を補う」こと以上に、「人生を楽しく、快適にする」ことを追求するワイデックスの開発理念があります。すべては一人ひとりの豊かな人生のために。今までにない、新しい喜びと感動をお届けします。

 

世界に誇る音質「ナチュラルサウンド」

人との会話だけでなく、自然にあふれる音をありのままに再現すること。その理想を追って進化を続け、ワイデックスの代名詞とも言える「ナチュラルサウンド」が生まれました。その音質は、世界100カ国以上で愛され、暮らしの質の向上に貢献しています。

 

世界をリードする開発力

「良い補聴器をつくるためには一切の妥協しない」。創業者の志を受け継ぎ、私たちは独創性に満ちた技術や数々の革新的な製品を世に送り出してきました。ワイデックスの歴史は、補聴器の技術革新の歴史と言えます。その誇りを胸に、未来に向けて新たな挑戦を続けています。

ワイデックスデンマーク本社

【ワイデックス株式会社について】

本社:〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9 リバーサイド隅田セントラルタワー7F

代表者:代表取締役 塩野紀子

設立:1956年11月

電話番号:03-5631-2856

URL:https://japan.widex.com/

事業内容:補聴器の製造・販売、補聴器および医療機器の輸入販売

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:ワイデックス株式会社

TEL:0120-332-604

E-mail:end-usercare.jp@widexsound.com

違う明日が、やってくる。WIDEX MOMENT新発売

冴えわたる裸の音が、きっとあなたを変えるでしょう。

WIDEX補聴器の修理でお困りの方は以下をご確認ください。

「ネットde修理」とは、ワイデックスの補聴器をお使いのお客様が、当ホームページ上やお電話から申込みを行い、お使いの補聴器の修理を受けることができるサービスです。

国/地域を選択してください

ワイデックス株式会社
〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9
リバーサイド隅田セントラルタワー7F