ワイデックス モーメント™がアメリカの経済誌『Forbes(フォーブス)』に取り上げられました。

25-03-2021

独自に開発した[ゼロディレイ™ テクノロジー]により、つけていることを忘れるくらい自然な音質『ピュアサウンド™』を実現した、ワイデックスの補聴器モーメントが、3月7日、アメリカの経済誌『Forbes(フォーブス)』に取り上げられました。


WIDEX MOMENTTM 充電式補聴器

▼WIDEX MOMENT(ワイデックス モーメント):https://japan.widex.com/ja-jp/hearing-aids/moment

▼ワイデックスコーポレートサイト:http://japan.widex.com/

 Forbes記事:https://www.forbes.com/sites/marksparrow/2021/03/07/advanced-audio-technology-is-helping-people-hear-more-clearly/?sh=79c7907f7174


この記事は、2021年3月7日付で、オーディオ、コンピュータ、写真を専門とする技術ジャーナリストで、Senior ContributorであるMark Sparrow氏によって執筆されたものです。

実際に最先端の補聴器であるモーメントを数日間体験した記者の感想をピックアップして紹介します。

 

  • 自分でも高い音が聞こえにくくなっていることに気づいており、騒がしい場所で会話することに不便を感じ始めている。
  • 耳の後ろに隠れてしまうほどのサイズや目立たないことに驚いた。
  • 補聴器は初めてだったのにも関わらず、非常に快適で、つけていることさえ忘れてしまうほどだった。
  • つけ外しもとても簡単で、動き回っても外れる心配を感じない。
  • モーメントを通して聞こえる声はとてもクリアで、普段聞こえにくいと感じていた高い音もはっきりと聞くことができた。
  • 補聴器の調整は、専門家とオンラインで行うことができるので、とても便利。
  • 聴力の低下を自覚していて、毎日の生活に不便を感じているのであれば、補聴器が役に立つかどうかを試してみる価値は十分にある。
  • 高度な技術が投入された最新の補聴器は、かつて私の叔母が使っていたような大きくて使い勝手の悪い器械とは全く別物である。

 

記事全文は以下をご覧ください。

 

進歩したオーディオ技術によって、人々はもっとはっきりと聞こえるようになる

『3月3日は耳の日でした。この機会に、聴覚障害の世界で起こっている変化と、高度なオーディオテクノロジーが何百万人もの人々の聴覚をサポートするためにどのように役立っているかについて考えてみました。

 

補聴器は老眼鏡に少し似ています。本当に必要になるまで、それらについて考えたくはありません。老眼鏡はここ何年も変わっていませんが、補聴器は、小型化や高度なオーディオ処理などの新しいテクノロジーによって着実に進化し、多機能化しています。高度な技術は、難聴に苦しむ人々に大きな変化をもたらしています。

 

私は、最近の高度なテクノロジーがどのように聴覚デバイスを改善し、難聴の人々を支援しているかに興味を持っています。補聴器の世界で現在可能になっていることと、最新のテクノロジーが今後提供できるであろうことについて、もう少し詳しく調べてみることにしました。

 

最先端の補聴器が提供できることを知るために、私は代表的なメーカーであるワイデックスに問い合わせて、業界の現在の技術動向についてもう少し調べてみました。同社は2020年にWidex Moment™[ワイデックス モーメント™]によって、小型化、信号処理能力、Bluetoothテクノロジーを活用して、補聴器の限界を大きく押し拡げました。高度な技術により、補聴器はより小さく、より高性能になり、さらにユーザーフレンドリーになりました。

 

私にはまだ補聴器は必要ありませんが、年齢を重ねるとともに、高周波数帯域の音が聞こえにくくなっていることに気づいています。また、耳鳴りも経験しています。多くの人と同じように、人ごみなどにいて周囲が騒がしい場合、会話に集中するのは必ずしも簡単ではありません。

 

WHOによると、4億6800万人が何らかの形の難聴を抱えており、これは世界人口の約6.1%に相当します。そのうち約4億3200万人は、加齢によって聴力が低下している人たちです。65歳以上の全人口の3分の1がある程度の難聴を経験しています。聴覚の低下は大きな問題であり、大きな市場だということもできます。

 

私はワイデックスから最新の補聴器を借りることにしました。 ワイデックス モーメント™は、耳の後ろに隠れてしまうほど目立たない小さい新しいタイプの補聴器です。

ワイデックスによると、従来の補聴器で課題となっていたのは、補聴器の信号処理に要する時間だそうです。補聴器で信号処理され増幅された音は、耳せんなどを通した処理されない音よりも、少しだけ遅れて鼓膜に届き、その音の遅れは、ユーザーが音をどのように知覚するかに大きな影響を及ぼし、 補聴器をつけた時に感じる微妙な音の違和感に繋がっていました。モーメントはその音の遅延を限りなくゼロに近づけることに成功しました。モーメントの遅延時間はわずか0.5ミリ秒で、これは市場に流通している補聴器の中で最小であり、この『ゼロディレイ™テクノロジー』によって実現した『ピュアサウンド™』が、従来の補聴器に比べて、音が自然で聞きやすいというモーメントの大きな特長を生み出しているとワイデックスは主張しています。

 

モーメントを聴力の状態に合わせて調整するために、私は大西洋の反対側にいるワイデックスの聴覚専門家とオンラインでのやり取りを行いました。スマートフォンアプリと補聴器とスマートフォンをつなぐBluetoothデバイスを使用して、数千マイル離れた専門家が私の補聴器と直接通信することができました。

このプロセスにより、ユーザーと聴覚専門家は、FacetimeやZoomのような双方向のビデオチャットでコミュニケーションをとることができるようになり、専門家は補聴器の適合性を視覚的に確認し、ユーザーとチャットして、彼らのライフスタイルに合わせて補聴器をどのように調整するのが最適なのかを把握することができます。すべてがリモートで実行できるため、補聴器販売店に行く必要はありません。

 

モーメントには、最先端のテクノロジーである人工知能が搭載されています。『サウンドセンス ラーン』は、リアルタイムの機械学習とユーザーからの入力を組み合わせて200万を超える音の比較を分析することにより、ユーザーが好む音を提供します。この機能を使用すればするほど、補聴器はユーザーがどんな音を好むのかを学びます。データはクラウドに保存および処理されるため、機械学習を通じて作成した貴重なプロファイルが失われることはありません。

 

さらに、リチウムイオン充電式補聴器もラインナップに加えられています。充電式であれば、高価なボタン電池を交換する必要がありません。これはランニングコストにとっても環境にとっても良いことです。充電式モデルには、1回の充電で最大約20時間動作する充電式バッテリーが搭載されています。バッテリーは、専用の充電器を使用して夜間に充電されます。

 

ワイデックスモーメントを数日間試してみるのは非常に興味深い体験でした。まず、つけている時の快適さは素晴らしいものでした。私は補聴器をつけているということにほとんど気づきませんでした。補聴器のつけ外しは非常に簡単で、動き回っても外れる心配はありませんでした。何よりも、大きな驚きは、補聴器の音がどれほどクリアかということです。補聴器をつけると、高音域がよりはっきりと聞こえたので、少しびっくりしました。

 

モーメントのような最先端のデバイスには、非常に高度なテクノロジーが投入されていることは間違いありません。これらの補聴器は安価という訳ではありませんが。一般的に視力や健康に価格を付けるのが難しいのと同じように、聴覚に価格を付けるのは難しいです。それでも、補聴器は、聴力が低下しても従来と変わらない生活を続けることを可能にしてくれるデバイスであることに疑いの余地はありません。

 

この短い補聴器体験から私が得たことは、あなたが聴覚の問題を抱えていて、それがあなたの生活の質に影響を与えていると思うなら、まず、専門家の助けを求める価値があるということです。補聴器があなたの生活に役立つかどうかを自分で確認してください。誰もが自分が年をとっていることを認めたがりませんが、人々の生活の質を向上させることができるデバイスに高度な技術が使用されているのを知るのは素晴らしいことです。補聴器は大きく進化し、幼い頃に叔母がつけていたあの装置は、ありがたいことに過去のものになりました。』



モーメントの主な特長

■人工的な機械音を取り除いた[ピュアサウンド™]搭載

ワイデックス モーメント™は、独自に開発した画期的な技術であるゼロディレイ™ テクノロジーを活用して、補聴器内での信号処理によって生じる標準的な音の遅れを、従来の7~10ミリ秒から0.5ミリ秒に短縮することに成功しました。補聴器から出てくる音の遅れを限りなくゼロに近づけ、より自然な音を実現したピュアサウンド™は、これまでの補聴器では解消が難しかった人工的な機械音を取り除きました。

 

■使う人の好みを理解、学習するAI機能

ワイデックス モーメント™は、AI機能を利用して、周囲の環境を分析しながらユーザーの音の好みを理解、学習し、ユーザーが聞きたいと思っている音を届けることができます。補聴器が提案する音から好みの方を選択していくことで、ユーザーは簡単に自分に合った聞こえ方に調整することができます。また、特定の環境でユーザーが行った操作を補聴器が学習し、使い続けるほどに環境に合わせてユーザーの好みの聞こえ方へと自動で調整してくれます。

 

■電池交換がいらない便利なリチウムイオン充電式補聴器も

ワイデックス モーメント™には、電池交換の必要がない世界最小クラスのリチウムイオン充電式モデルもラインナップされています。電池交換や電池購入の手間が省け、充電器にセットするだけで簡単に充電が可能です。


ワイデックス モーメント™は、ワイデックス補聴器取扱店でお試し、お買い求めいただくことができます。



WIDEX MOMENT
TM LINEUP


「ワイデックス モーメント」ラインナップ・価格

○耳あな型:4モデル(CIC/XP/IM/IP)

    片耳価格:200,000円~570,000円 両耳価格:320,000円~1,020,000円

○耳かけ型[RIC/RITEタイプ]:2モデル(RIC 10/RIC 312 D)

    片耳価格:200,000円~560,000円 両耳価格:320,000円~1,000,000円

○耳かけ型[RIC/RITEタイプ・リチウムイオン充電式]:1モデル(mRIC R D )

    片耳価格:220,000円~600,000円 両耳価格:340,000円~1,040,000円(充電器付属)

※価格はいずれもメーカー希望小売価格(補聴器は非課税です)

 

 
■福祉の国、デンマークで磨かれた音を愉しむライフスタイルをあなたに

ワイデックスは、1956年にデンマークで設立。現在では、世界を代表する補聴器ブランドのひとつに数えられています。ワイデックスの補聴器は、世界で100を超える国のユーザーに愛用されています。

 

国民の幸福度が高く、福祉国家として知られるデンマークは、補聴器が広く普及し、多くの人が比較的若いうちから補聴器を愛用して生き生きとした暮らしを謳歌しています。デンマークで生まれて60年余り。ワイデックスは、補聴器に数々の技術革新を起こし、支持されてきました。そこには、「音を補う」こと以上に、「人生を楽しく、快適にする」ことを追求するワイデックスの開発理念があります。すべては一人ひとりの豊かな人生のために。今までにない、新しい喜びと感動をお届けします。

 

世界に誇る音質「ナチュラルサウンド」

人との会話だけでなく、自然にあふれる音をありのままに再現すること。その理想を追って進化を続け、ワイデックスの代名詞とも言える「ナチュラルサウンド」が生まれました。その音質は、世界100カ国以上で愛され、暮らしの質の向上に貢献しています。

 

世界をリードする開発力

「良い補聴器をつくるためには一切の妥協しない」。創業者の志を受け継ぎ、私たちは独創性に満ちた技術や数々の革新的な製品を世に送り出してきました。ワイデックスの歴史は、補聴器の技術革新の歴史と言えます。その誇りを胸に、未来に向けて新たな挑戦を続けています。

ワイデックスデンマーク本社

【ワイデックス株式会社について】

本社:〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9 リバーサイド隅田セントラルタワー7F

代表者:代表取締役 塩野紀子

設立:1956年11月

電話番号:03-5631-2856

URL:https://japan.widex.com/

事業内容:補聴器の製造・販売、補聴器および医療機器の輸入販売

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:ワイデックス株式会社

TEL:0120-332-604

E-mail:end-usercare.jp@widexsound.com

違う明日が、やってくる。WIDEX MOMENT新発売

冴えわたる裸の音が、きっとあなたを変えるでしょう。

WIDEX補聴器の修理でお困りの方は以下をご確認ください。

「ネットde修理」とは、ワイデックスの補聴器をお使いのお客様が、当ホームページ上やお電話から申込みを行い、お使いの補聴器の修理を受けることができるサービスです。

国/地域を選択してください

ワイデックス株式会社
〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9
リバーサイド隅田セントラルタワー7F