片方の耳だけの聴力低下 とは?

片耳だけの聴力低下は、一側聾(いっそくろう)といわれ、SSDと略される場合もあります。片方の耳が聞こえないか、深刻な聴力の低下がある状態です。
一側聾(いっそくろう)〈SSD〉の場合は、聞こえない耳側の音を、ワイヤレス通信で聞こえる側の耳につけた補聴器に届けることで、聞こえを改善することができます。
片耳の聴力低下の症状
片耳の聴力低下の症状は多様ですが、もっとも多いのが、音源の場所を特定するのが困難なことです。例えば、聞こえない耳の側から話しかけられた場合は、その声がどこからしているのかがわからない場合があります。また、会話を聞き逃してしまったり、相手の話していることが聴き取れなかったりします。
片方の耳の聴力が低下する理由
片耳の聴力低下は、さまざまな理由から起こります。
  • 突発性難聴

  • 耳のケガ

  • 聴神経への圧迫

  • ウィルスやバクテリアへの感染を含む内耳の障害

  • はしかやおたふかぜ、髄膜炎などの病気

CROS 補聴器を使った解決策

補聴器は、一側聾(いっそくろう)の人たちをサポートする重要な方法といえます。

聞こえない耳につけたCROS [クロス]送信機がとらえた聞こえない耳側の音を、 ワイヤレス通信で聞こえる側の耳に装用した補聴器に届けます。このクロスシステムで聞こえない耳側の音も聞くことができるようになります。騒がしい部屋や走る車の中、大勢が参加する会議など、とりわけ聴き取りが難しい場所での会話を助けてくれます。

お問い合わせ

ご不明な点やご意見がある場合は、お気軽にご連絡ください。お問い合わせ

国を選択

ワイデックス株式会社
〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9
リバーサイド隅田セントラルタワー7F