語音聴力の低下

声は聞こえるけれど、何を言っているのかがわからない。毎日の生活の中でそう感じることはありませんか?

語音聴力の低下とは?
単に小さな音が聞こえないということが聴力低下なのではありません。特定の周波数帯域の音を聞くことに困難を感じている人がいます。これが、「声は聞こえるけど、何を言っているのかがわからない」、つまり、言葉を聴き取る能力の低下という 現象につながります。

言葉を識別することが困難
語音聴力の低下とは、いくつかの話し声が耳や脳で理解できないということです。とりわけ、周囲に話し声などが存在している場合には、会話の相手の言葉を識別することが困難になります。

会話の認識
あなたの言葉を聴き取る力が低下しているかどうかを調べるためには、耳鼻科の専門医で言葉を認識する能力を測定してもらうことをおすすめします。指定された語音の聴き取りの正答率(パーセント)を語音明瞭度といいます。これを調べることで、言葉を認識する能力がどの程度低下しているのかがわかります。

相手に与える印象
言葉を正しく認識できなかったり、スムーズな会話できなかったりということが原因で、周囲の人はあなたに対して不安な印象を抱いてしまうかもしれません。そうしたことが重なると、周囲から孤立してしまうことにもつながりかねません。できるだけ早く、解決のための行動を起こすことをおすすめします。

お問い合わせ

ご不明な点やご意見がある場合は、お気軽にご連絡ください。お問い合わせ

国を選択

ワイデックス株式会社
〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9
リバーサイド隅田セントラルタワー7F