聴力低下の 程度と種類

耳鼻科の専門医は、あなたの聴力低下の程度や種類を診断してくれます。そして、補聴器店のスタッフがあなたにおすすめの補聴器を提案してくれます。
聴力低下の種類や程度は人それぞれです。そして、補聴器の効果も人によって変わってきます。
聴力低下の程度
あなたの聴力低下はどの程度深刻なのでしょうか。それは、あなたが聞くことのできる音のレベルによってわかります。耳鼻科の専門医が、あなたの聴力低下の状態を把握するためにオージオグラムというグラフを作成してくれます。聴力低下の程度は、正常、軽度、中度、高度、重度に大きく分類されます。
聴力低下の種類
あなたの聴力低下は片耳だけですか?それとも両耳ですか?聴力低下を以下の4つの基準で分けることができます。
  • まず、両耳か片耳か。両方の耳の聴力が低下するのが、両耳難聴です。一方、片方の耳の聴力しか低下しないのが、片耳難聴です。

  • 次に、左右で対称か非対称か。左右の聴力が同レベルで同じように低下しているか、それとも、左右の耳の聴力低下のレベルや状況が異なっているかです。

  • 3つ目が進行性か突発性か。時間の経過とともに徐々に悪化してく進行性に比べ、とても大きな騒音にさらされた後のように、何らかの原因で突如として起こるのが突発性です。突発性難聴が疑われる場合は、できるだけ早く耳鼻科の専門医の診察を受ける必要があります。

  • 最後に、変動性があるかどうか。変動性のある難聴は、時間の経過によって改善もしくは悪化の可能性があるのに比べ、症状が安定して変化の可能性が乏しい難聴もあります。

お問い合わせ

ご不明な点やご意見がある場合は、お気軽にご連絡ください。お問い合わせ

国を選択

ワイデックス株式会社
〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9
リバーサイド隅田セントラルタワー7F