耳鳴りの治療

あなたの耳の中でブンブン、シュー、キーンと鳴っているいらいらする耳鳴り。そんな耳鳴りに対処する方法を紹介します。
耳鳴りの治療について
今日に至るまで、耳鳴りの治療にはさまざまな方法が行われてきました。例えば薬物療法、酸素療法、電気刺激や磁気刺激を用いる方法、あるいはマスカー療法などがそれにあたります。治療法の考え方としては、根本的に耳鳴りの減弱または消失を目指すものと、耳鳴りによる生活の影響度を改善(QOLを改善)することを目的とするものとに分かれます。現在では、必ずしも耳鳴りの完全な消失にこだわらず、後者の考え方に基づく治療法が主体となってきました。

その治療体系の基になった代表的な治療法がTRT(耳鳴り再訓練療法)と呼ばれる治療法です。
TRTは、①耳鳴りについての正しい理解を促すためのカウンセリング(指示的あるいは説明的カウンセリング)と②機器を使った音響療法の二つを組み合わせて行われます。音響療法に関しては、日本では音響的ノイズを発生させるサウンドジェネレーターがこれまで多用されてきましたが、最近ではTRTから治療体系化が発展進歩した結果、音響療法についてもさらに新しい考え方が登場してきました。


難聴の症状がない耳鳴りの治療

耳鳴りと異なる音源を用いて耳鳴りが気にならないように(耳鳴りに対する「順応」)することを目的とした医療機器(耳鳴り治療器)として、サウンドジェネレーターが使用されます。従来のサウンドジェネレーターは音響的ノイズのみでしたが、ワイデックスでは「ゼントーン」という新たな音を開発しました。ゼントーンは、音響的ノイズのみでは得られない「解放感」「沈静効果」といったリラクゼーション効果をもたらすことを期待した治療音です。このゼントーンとゼンノイズの両方を使用できるワイデックス「ゼンプログラム」は、耳鳴り治療のための新しいサウンドジェネレーター機能の提案です
内耳の障害による耳鳴りの治療
耳鳴りの発生が内耳の障害と密接に関係することがわかっています。障害により音の信号が脳に伝わりにくくなることで、脳に変化が生じて耳鳴りを感じやすくなってしまうというのが最近の研究に基づく考え方です。そのため、聞こえにくくなっている音の信号を脳にできるだけ届けることが耳鳴りの発生を抑えるうえで効果的であるとされ、補聴器が耳鳴りの治療器として積極的に使用されるようになってきました。

この補聴器としての機能と、前に述べた耳鳴りを気にならなくする音響療法を組み合わせることで、耳鳴り発生の抑制と耳鳴りへの順応の両方に作用することが期待されています。

お問い合わせ

ご不明な点やご意見がある場合は、お気軽にご連絡ください。お問い合わせ

国を選択

ワイデックス株式会社
〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9
リバーサイド隅田セントラルタワー7F