今までやってきたことは全部、
これからも、ずっと楽しんでいく。

PLAY-EAR! #2 小貝 鋼 さん
グラフィックデザイナー 70歳

鳥のさえずりに、季節を感じるランニング。今も毎年、レースに参加している。

ランニングと渓流釣りが趣味です。渓流釣りは春から秋。ランニングは1年中やっていますが、夏の終わりになるとレースを組み立てて、冬にはいくつかレースに出るんです。

ランニングを始めたのは、20代の頃です。会社の先輩に誘われて皇居1周マラソン大会に参加したのがきっかけですね。その後、会社の仲間と一緒に他のレースに出るようになって、すっかりはまりました。
あの頃はフルマラソンに出ていて、30代半ば頃には3時間を切ったこともあるんですよ。いろんな大会に出たなぁ。
今は、ハーフマラソンですね。レースに出るのは年4回くらいです。

普段は家の近所を走っているんですが、鳥の声なんかが聞こえて気持ちいいですよ。メジロの声が聞こえてくると、春も近いなぁなんて季節を感じますね。




ワクワクするのも、危険を察知できるのも、全部、音があってこそ。

補聴器をつけるようなってから、ランニングのときの自分の足音がやけに聞こえるようになったんですよ。音も立てずに軽やかに走っていると思っていたものだから、あれ?こんなにバタバタ走っていたのかって。でも、レースに出たときに周りのランナーの足音もすごく聞こえてきた。ああ、ランニングってこんなに足音がしていたんだと。
発見でしたね。それと、レース前のざわめきも。そういえばこんなだったと、思い出した。昔、河口湖マラソンに出たときに、あのざわめきでいよいよスタートが近づいてきたって高揚感があってね。本当にワクワクしたのを、思い出したんです。

渓流釣りでも、音はすごく重要ですよ。崖から落ちてくる石の音や動物の鳴き声、何かあったときに仲間に知らせる笛の音。危険を察知するためには、音に敏感にならないといけないんです。




渓流釣りでは、新たな挑戦を計画中。これがすごく面白い!

渓流釣りでは、ミミズやぶどう虫なんかを使った「エサ釣り」をやっていましたが、これからは毛鉤(けばり)を使った「テンカラ釣り」にも挑戦したい。
毛鉤を流して、魚が飛び出たところをサッと合わせる。これが、すごく面白いんですよ!

今までやってきたことは全部、これからもずっと楽しんでいきますよ。

 

お問い合わせ

ご不明な点やご意見がある場合は、お気軽にご連絡ください。お問い合わせ

国を選択

ワイデックス株式会社
〒131-0034 東京都墨田区堤通1-19-9
リバーサイド隅田セントラルタワー7F